HOME: >>  Management's eyes: >> 

サニー建築設計 監理者の目

学校法人松翠学園子ども学科実習施設

竣工写真2016-06-16更新(柴田佳那)

投稿するのが遅くなりました。

竣工写真をアップしたいと思います。

当初のパースと比較して載せたいと思います。

 

<外観>

 

 

<エントランスホール>

 

 

<保育実習室>

 

  

<ピアノ実習室>

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告102016-03-10更新(村瀬義幸)

昨今、春らしくなってきて現場の打ち合わせも気持良く進めることが出来て嬉しく思っています。

今月に完成に向けて急ピッチで現場が進んでいます。

内部仕上のフローリングも張れてきて木の温かみが感じられます。

実習室は天井(保育実習室は4.0m、音楽実習室は3.0m)が高くて気持ちが良いものです。

外構がこれからなので次回が楽しみです。

DSC_0338
建物北東側からの撮影
DSC_0337
建物北西側からの撮影
DSC_0344
建物南西側からの撮影
DSC_0340
保育実習室北東角からの撮影
DSC_0342
保育実習室南東角からの撮影
DSC_0346
ピアノ実習室入口を廊下から撮影
DSC_0348
音楽実習室入口、通用口を廊下から撮影
DSC_0345
保育実習室北西入口から撮影
DSC_0347
保育実習室北東角から撮影

関係者の皆様あとわずかです安全第一で頑張ってください。

学園様の卒業式が3月16日なので晴れの姿を卒業生に見て頂けたらと祈っております。

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告92016-03-05更新(村瀬義幸)

連日の更新となります本日は、

庇下の開放通路をクローズアップしたいと思います。

 

ずらーっと奥まで柱がキレイに立ち並ぶ開放通路。。

パースではなかなか見にくいかもしれまんせんが、こちらの開放通路の魅力は、軒裏の化粧垂木なんです。

まだ施工途中ではありますが、その施工の様子をアップします。

00-1

   ↑ まだまだ軒裏の構造がまる見えの状態です。

 

03 04

  ↑ これでもまだ途中なんです。

 

ずらっと並ぶ柱はすでに美しいのですが、今以上に見応えのある開放通路になるんです。

普段、道を歩いていると、なかなか上を見上げることがありません。

でも、この通路を歩く時には、ぜひ見上げて下さい。見て下さい。

 

完成写真のアップをお楽しみに。。

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告82016-03-04更新(村瀬義幸)

「あ!」っという間に前回の更新から何日も経ってしまいました。

その間にエントランスロビーの壁面には、デザインパネルが施工され。。

01

音楽実習室は美しい木目の天井がお目見えし。。

02

一部を解体した状態となっていた既設の階段が姿を現しました。

03

順調に完成に向かっています。

一部屋、一カ所ずつ、パースと図面でしかなかったものが、出来上がっていきます。

私もすごく楽しみですが、生徒さん達もわくわくしてくれていると良いなと思います。

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告72016-02-15更新(村瀬義幸)

現在、内装工事中です。

各部屋の壁クロス貼、床の仕上げ、、

外から見た大きな動きはありませんが、完成に向けて着々と進行中です。

2階以上の高いところから見たり、少し離れた距離から見たりすると、屋根が完成しているのは確認できます。

建物周囲に足場と仮囲いがあると、なかなか全体像がつかめません。

そんな足場がやっと少し、解体されました。

足場が解体されると、見た目にも

「あ、もうすぐ完成するんだな」という気になります。

01 01-2

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告62016-02-03更新(村瀬義幸)

工事が着工してからもうすでに6ヶ月になりました。

来月には完成です。

前回の定例会議の日は、前日に雪が降り一面銀世界となった現場でしたが今回はすでに雪が解け

作業も順調に進み一安心です。

今日は外部工事の屋上防水工事が進められていました。

防水材のシートをバーナーで炙りながらの作業です。

外部足場に上って見渡すと、緑青のR屋根が目に入ってきます。曲線が非常に綺麗で足場で隠れているのが

残念です。早く足場を解体して全景を見たいもんです。

室内では内装工事が進められており音楽実習室なので穴明き吸音ボードを張っていました。

エントランスからホールに入るとヤマギワ照明様のおすすめの照明器具が取り付けされていました。

この照明器具は人が手を繋ぎ輪を作っているイメージです。この保育実習施設にはピッタシの選定だと思います。

3月完成まで後わずかとなってきました、関係者の皆様宜しくお願いいたします。

滋賀文教短大1
緑青のR屋根
滋賀文教短大2
防水材料
滋賀文教短大3
防水工事風景
滋賀文教短大4
大屋根
滋賀文教短大7
ホール照明
滋賀文教短大6
天井の吸音ボード
            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告52016-01-26更新(柴田佳那)

前回作業中でした天井下地が完了しました。

次なる工程としては、建具の取付や内装工事となります。

ここまでくると、各部屋の広さも分かるようになり、完成のイメージがしやすくなります。

ここにあれを置いて、こっちにはあれがきて。。っと想像するのも楽しいです。

壁、天井、建具、床。。それぞれ選んだ仕上げ材・色がこれからどんどんはまっていきます。

サンプルやパースである程度はイメージできますが、やはり、実際目の当たりにするのは違います。

イメージ通り、と言わず、それ以上に良いものになったらいいなと思います。

先週末は大寒波で、岐阜でも雪が積もり、夜中には道路が凍っていました。

現場のみなさん、

まだまだ流行っている風邪にも気を付けていただき、安全に、順調に、完成に向けて宜しくお願いします。

0115-1

0121-3

0121-4

0121-5

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告42016-01-15更新(柴田佳那)

ただいまLGSの建込工事が完了し、天井下地の組立等を行っています。

暖冬と言われ、例年より暖かい日が続いておりましたが、最近は急に寒くなり、岐阜でもそろそろ雪が降りそうです。

現場は風も強く、寒く。。

もう少しすると、車では現場へ行けなくなりそうです。

1-4  

1-3

屋根の色がとてもきれいです。

滑らかな曲線と相まって、とてもやさしい、やわらかい印象です。

庇下の木垂木と、ウッドデッキの色との組み合わせが楽しみです。

1-1

1-2
            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告32016-01-07更新(柴田佳那)

前回の更新からあっという間に1ヶ月以上が経ってしまいました。

その上、2015年から2016年へ

2016年も安全第一で竣工を目指し、現場の皆さま 何卒宜しくお願い致します。

 

前回の更新より、鉄骨建て方が無事に完了し、現場ではただいま、LGSの工事中です。

簡単ではありますが、鉄骨建て方〜完了までの写真を載せます。

01-1  01-2

03-2  02

03

今年は、竣工までの様子をマメに更新できるようにします。

どうぞお付き合い下さい。

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告22015-11-25更新(柴田佳那)

先日、鉄骨製品検査を実施しました。

この日の長浜市は風が強く、車から現場事務所、車から工場への移動だけでも芯まで冷える寒さでした。

今週末には、雪が降るかも!?なんていう予報ですから、次回訪れる際にはコート&マフラー必須です。

IMG_2462

IMG_2471

IMG_2467

IMG_2474

鉄骨建て方に向けて、続々と製作されています。

屋根がRのため曲げ加工や、溶接が複雑な個所もありますが、安全に、正確に、作業していただいている様子が分かりました。

あっという間に年末がすぐそこまできていますが、年末までには建て方も完了予定です。

次回は、そんな現場の様子をUPできたらと思います。

            添付画像:
            添付PDF:無し
現場状況報告12015-10-17更新(村瀬義幸)

8月18日に地鎮祭を行った滋賀文教短大の現場が本格的に進み始めました。

完成は来年3月です。地鎮祭の時は非常に暑くて大変だなと思っていたら10月になり秋となり涼しくなり

現場作業日和になってきました。

現場までの道中、伊吹山越えがあり紅葉の季節になってくるのが楽しみです。

完成に向けて工事監理を楽しく進めたいと思っております、関係者の方々宜しくお願い致します。

滋賀文教短大2015.9.17 005-2
9/17整地後基準墨出しにて建物位置を確認。
滋賀文教短大2015.9.17 012-2
南側から建設場所の全景です。
杭
9/25試験杭施工確認
試験堀全景
9/25試験堀現場状況
試験堀1
試験堀開始
試験堀杭芯チェック
杭芯のチェック
試験堀垂直チェック
杭の垂直チェック
土質チェック

試験堀土質確認

事前のボーリング調査時と同じ結果にて一安心。

 
滋賀文教短大 001-2
10/13杭施工後状況全景
滋賀文教短大 003-2
杭施工状況確認1
滋賀文教短大 004-2
杭施工状況確認2
            添付画像:
            添付PDF:無し
サニー建築設計は、岐阜に事務所を構えてからこれまでに多種・多様な建物の設計をさせて頂きました。
他の建物とは一味違う、シンボル性(宣伝効果)のある建物を作る様心掛けてきました。数ある物件の中の一部ではありますが、是非ご覧下さい。

Copyright 株式会社サニー建築設計 All rights reserved.